AX

Aquamoix(アクアモイス)の成分「グリセリルグルコシド」について

Aquamoix(アクアモイス)の成分「グリセリルグルコシド」について

 

グリセリルグルコシドは、強力な保湿力のほか、様々な美容効果があるとして注目されている美容成分です。

 

日本を代表する酒造会社「白鹿」によって、1996年に初めて発見された比較的新しい成分で、グリセリンとブドウ糖が結合してできています。
300mlの日本酒からわずか1g程度しか作れない、とても希少な成分です。

 

日本酒の成分として表記されるときには、α-グルコシルグリセロールという呼称で表記されますが、化粧品表示においては、グリセリルグルコシドという呼称で使用されます。

 

化粧品の成分表記では、グリセリルグルコシドの頭文字のアルファベットをとってGGやαGGと表記されることも多いです。

 

清酒中から抽出されるその成分には、保湿や脂肪燃焼、メラニン生成抑制作用のほか、美白作用もあり、多岐にわたる美容効果が期待されるため、多機能性保湿成分として化粧水、美容液、乳液、洗顔フォームなど種々のスキンケアアイテムに使用されています。

 

グリセリルグルコシドは、日本酒だけでなく、みりんや味噌などの発酵食品やワインなどのアルコール飲料にも含まれています。また数は少ないですが、植物やシアノバクテリアなどの微生物中にも存在していることが発見されています。

 

優れた保湿効果をもつグリセリルグルコシドですが、最近では美白効果、肌のターンオーバー機能の改善、潤いを保護してシミやくすみを改善するなど、アンチエイジングケア成分としても注目されています。

 

男の肌荒れのケアは大事!!とお考えの貴方にaquamoix(アクアモイス)


ホーム RSS購読 サイトマップ