AX

アクアモイスに含まれる成分「フェニルアラニン」の特徴と美容効果について

アクアモイスに含まれる成分「フェニルアラニン」の特徴と美容効果について

「フェニルアラニン」の美容効果とその特徴

 

 

アクアモイス(Aquamox)に含まれる成分「フェニルアラニン」は、タンパク質を構成するアミノ酸の一種で、人間の身体に必要な必須アミノ酸のひとつ。色は白く無臭、若干苦味のある成分です。

 

アクアモイス(Aquamox)に含まれる成分「フェニルアラニン」には、天然に存在する化合物のL-フェニルアラニン(LPA)と、化学合成によって人工的に作られる化合物のD-フェニルアラニン(DPA)の2種類がありますが、通常、フェニルアラニンというと、天然由来のL-フェニルアラニンを指します。

 

アクアモイス(Aquamox)の成分「フェニルアラニン」は、様々なタンパク質の中に含有しているため、動物性・植物性ともにタンパク質をバランスよく摂取していれば、不足することはありませんが、サプリメントなどで特別に摂取することや、化粧品など外用として使用することで、様々な効果が期待されます。

 

アクアモイス(Aquamox)の成分「フェニルアラニン」は、脳内においてドーパミンやノルエピネフリンなどの神経伝達物質を作るため、医療現場においても、抗うつ剤や精神安定剤、鎮痛薬の役割として活用されています。また記憶力を向上させる作用もあることから、サプリメントとしても人気です。

 

美容分野においても、アクアモイス(Aquamox)「フェニルアラニン」は、保湿作用がある生態系保湿成分のひとつでもあることから、化粧品の保湿成分として用いられているほか、アミノ酸輸液、総合アミノ酸製剤としても使用されています。

 

美容成分としてのフェニルアラニンの働きは、保湿作用のほか、フェニルアラニンの外用によって、紫外線照射による皮膚の負担を減らす有効性があるとの報告があり、皮膚保護作用もあるとされています。


ホーム RSS購読 サイトマップ