AX

男の肌荒れのケアは大事!!とお考えの貴方にアクアモイス

Aquamoixに含まれる成分「10-ヒドロキシデカン酸」の特徴と効果について

10-ヒドロキシデカン酸の成分としての特徴とその効果とは?

 

10-ヒドロキシデカン酸は、不飽和脂肪酸の一種、デカン酸がヒドロキシ基化してできる中鎖脂肪酸の一種。
ローヤルゼリーの構成成分のひとつとして知られています。
ローヤルゼリーをエタノールに融解させてできた可溶性画分を、クロロホルムと水で分配すると、10-ヒドロキシデカン酸を抽出できます。

 

粘膜を介した薬物の吸収効率を効果的に高めることができる吸収促進剤として、医薬品、医薬部外品、健康食品、特定保健用食品、健康飲料、栄養補助食品などに配合されています。
また美容面においては、10-ヒドロキシデカン酸は、皮脂の分泌を制御してニキビを予防したり、ニキビを減らす作用があります。皮脂トラブルの原因菌であるマラセチア菌などの真菌に作用する抗菌作用として働きます。

 

10-ヒドロキシデカン酸は、皮脂分泌のコントロール、抗菌作用、抗炎症作用、チロシナーゼ活性阻害作用としての効果・効能があることから、おもに石けん、洗顔料、クレンジング剤、化粧水、美容液などのスキンケア化粧品、フェイスマスク、シャンプーなどのヘアケア用品、入浴剤などのボディケア用品、日焼け止めクリームなど、多品目で配合されることが多い美肌有効成分です。

 

10-ヒドロキシデカン酸の過剰摂取による人体への影響は明らかになっていませんが、肌や人体への刺激は少なく、毒性や副作用が少ない成分と言われてます。

 

美容用品では、有効保湿成分のBGと化合して、10-ヒドロキシデカン酸BGとして含有されていることもあります。

 

男の肌荒れのケアは大事!!とお考えの貴方にaquamoix(アクアモイス)


ホーム RSS購読 サイトマップ