AX

 

アクアモイスに含まれる成分

アクアモイスに含まれる成分記事一覧

アクアモイスに含まれる成分「クロレラエキス」

淡水に生息している藻(緑藻植物)にクロレラは分類されています。クロレラというと美容や健康のサプリメントというイメージが強いと思いますが、美容成分としても利用されている成分なのです。クロレラには肌に良いとされるアミノ酸やたんぱく質が豊富に含まれています。そしてクロレラには肌作りに役立つペプチドも含まれ...

≫続きを読む

 

アクアモイスに含まれる成分「プロバンジオール」

化粧品などの成分でプロパンジオールという言葉を見かけると思います。プロパンジオールはデュポン社が製造しており、植物のデンプン成分をバイオ発酵させることによって出来る成分です。保湿成分として使用される事が多く、グリセリンと比べると粘度も低いので、グリセリンと一緒に化粧品などに使われる事もあります。グリ...

≫続きを読む

 

アクアモイスに含まれる成分「ユキノシタエキス」

敏感肌用のスキンケア商品にはユキノシタエキスを採用しているものがあります。ユキノシタという植物から抽出しています。殺菌効果があり、消炎効果もありますので肌荒れなどを気にしている人には最適な成分です。ユキノシタは雪の下に生えていても枯れないという由来から名前がついたといわれ、1年中生えています。そのた...

≫続きを読む

 

アクアモイスに含まれる成分「カフェイン」

アクアモイス(aquamoix)の成分でカフェイン???って思うかもしれないですがカフェインにも美容成分があるのご存知なかったですか???カフェインも化粧品の成分として見かける事があります。私達の生活ではコーヒーやお茶などでお馴染みですが、科学的にはアルカロイドといって含窒素化合物成分だったりします...

≫続きを読む

 

アクアモイスに含まれる成分「グリセリン」

化粧品のほとんどに含まれているといっても良いぐらい、成分表示の項目でグリセリンという言葉を見かけるのではないでしょうか。グリセリンは天然のグリセリン、そして合成で作られているグリセリンに分けられます。元々グリセリンは植物や動物にも持ち合わせている成分で、私達人間の体の中にもグリセリンは存在します。合...

≫続きを読む

 

アクアモイス(Aquamoix)に含まれる成分「BG」

化粧品の成分などを見ているとよく「BG」といった表示があります。どのような成分が気になると思いますが、「ブチレングリコール」の略でBGといった表記になります。天然成分ではありませんが肌への刺激などの影響が少ないという点が特徴です。見た目には無色の液体で特ににおいなどもありません。BGを化粧品の成分と...

≫続きを読む

 

アクアモイスに含まれる成分「カンゾウ根エキス」

甘草(カンゾウ、別名 リコリス)はマメ科の植物で解毒作用があり、刺激などがあった際の症状を和らげる効果があるため、昔から生薬として利用されてきていました。風邪薬などにも配合されている事があります。カンゾウの根(カンゾウ根エキス、または甘草エキスとも呼ばれています)には、ポリフェノールが豊富で抗酸化作...

≫続きを読む

 

アクアモイスの成分「ペンチレングリコール」の特徴と効果について

ペンチレングリコールは多価アルコールの一種になります。酸化プロピレンという石油由来から作られている成分なので肌への影響はないかと心配になるかもしれませんが、特にデメリットはなく非常に優れた面を持ち合わせている成分です。特徴としては無色でにおいなども特にないため、人間の肌に対しても比較的刺激が少ない成...

≫続きを読む

 

アクアモイスに含まれる成分「1,10-デカンジオール」の特徴と効果

1,10-デカンジオールは、セバシン酸を加工して作られる溶剤のひとつ。香料や樹脂として使われる二価のアルコール溶剤です。溶剤とは、植物や天然成分などの有機物を抽出して有効成分を生成するときに、抽出に必要な漬け込み課程を行うために必要な薬剤。溶剤には、水やエタノール、グリセリンのような天然由来の溶剤と...

≫続きを読む

 

アクアモイスに含まれる成分「オウゴンエキス」

オウゴンエキスとは生薬として扱われる黄金花の根の中の部分を乾燥させ、抽出した成分です。黄金花は中国の一部や朝鮮半島、東シベリアなどに多く分布している植物です。生薬としての作用は抗炎症効果、頭痛、下痢、胃腸炎、発熱などに効果が期待されています。服用としてだけではなく、肌にも有効な成分になります。オウゴ...

≫続きを読む

 

アクアモイス(Aquamoix)に含まれる成分「プルーン分解物」のその特徴と効果...

プルーンはよくドライフルーツなどでつまむ用途になりますが、ビタミンやミネラルが豊富なだけでなく、抗酸化作用もあるといわれているので積極的に摂取したい食品です。そのプルーンを発酵させることで分解させたものがアクアモイス(Aquamoix)に含まれるプルーン分解物になります。プルーン分解物は肌の大敵とも...

≫続きを読む

 

アクアモイスに含まれる成分「白金ナノコロイド」の特徴とその効果

白金ナノコロイドは、2005年に東京大学大学院の宮本教授が中心となるグループの研究によって開発された、比較的新しい成分です。白金(プラチナ)をナノサイズの極微小な大きさの粒子にした素材で、健康食品の添加物や化粧品の抗酸化成分として使用されている注目の成分。無味・無臭で安全性の高い成分です。化粧品をは...

≫続きを読む

 

Aquamoixに含まれる成分「10-ヒドロキシデカン酸」の特徴と効果について

10-ヒドロキシデカン酸は、不飽和脂肪酸の一種、デカン酸がヒドロキシ基化してできる中鎖脂肪酸の一種。ローヤルゼリーの構成成分のひとつとして知られています。ローヤルゼリーをエタノールに融解させてできた可溶性画分を、クロロホルムと水で分配すると、10-ヒドロキシデカン酸を抽出できます。粘膜を介した薬物の...

≫続きを読む

 

アクアモイスに含まれる成分「加水分解コラーゲン」の特徴と効果

加水分解コラーゲンとは、真皮や骨、軟骨などを構成する繊維状タンパク質のひとつであるコラーゲンに加工を加えて分解し分子レベルでの大きさを小さくして浸透しやすくしたものです。大きな分子量であるコラーゲンを酵素やアルカリ・酸と反応させて分解し、小さな分子量(低分子)にしているので、水に溶けやすく、浸透性も...

≫続きを読む

 

「加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12-13)グリセリル」の特徴とその効果

加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12-13)グリセリルは、親水性のヒアルロン酸ナトリウムの一部に、疎水基が付与された化粧品用ヒアルロン酸です。ヒアルロン酸は、代表的な保湿成分。皮膚の表皮と真皮に内在し、お肌に潤いとハリを与える大事な保湿成分です。肌の角質層の隙間をヒアルロン酸が埋めることで、お肌の潤...

≫続きを読む

 

アクアモイスに含まれる成分「イソロイシン」の特徴とその効果

イソロイシンは、タンパク構成アミノ酸のひとつで、必須アミノ酸に分類されています。人間の体内では合成されることのない成分ですが、栄養面においては多くの食品に含まれているため、欠乏することのない成分です。イソロイシンは、体内で摂取したタンパク質から分解されることで生成され、さらに分解を進めて種々の酵素と...

≫続きを読む

 

アクアモイスの成分「ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミド」とは?

ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミドは、別名シンエイクとも呼ばれる、今、大注目されている新しい美容成分。スイスの製薬会社、ベンタファーム社が、蛇の毒成分「シンエイク」の持つ筋肉弛緩作用をシワ取りに活用できないかと考え、2005年から研究した結果、アンチエイジング効果を発見して、化粧品に使...

≫続きを読む

 

アクアモイス(Aquamoix)に含まれる美容成分「アラントイン」とは?

美肌成分として注目されているアラントイン。牛の羊膜から出る分泌液中で発見された成分です。名前は、プリン体の代謝によって発生した尿酸を排泄する器官、アラントイスと呼ばれる羊膜に由来しています。アラントインは、色は白、無味無臭の水溶性粉末状で利用されます。最近では、かたつむりの粘液の中に含まれる天然のア...

≫続きを読む

 

アクアモイス(Aquamoix)に含まれる「コンドロイチン硫酸ナトリウム」の特徴

アクアモイス(Aquamoix)に含まれるコンドロイチン硫酸ナトリウムは、コンドロイチン硫酸とナトリウム塩の化合物。白色または淡黄白色の水溶性の粉末で、微かに独特なにおいと味があります。コンドロイチン硫酸は、動物体内に存在するグリコサミノグリカンというムコ多糖類の一種。動物の結合組織や軟骨を中心に生...

≫続きを読む

 

アクアモイス(Aquamoix)に含まれる成分「グルタミン酸」の特徴と効果

グルタミン酸は、タンパク質構成アミノ酸のひとつ。多くの物質のエネルギー代謝に重要な生理的役割を果たす天然タンパク質中の主要構成成分ですが、人体においては、非必須アミノ酸と定義されています。白色の結晶、または結晶性の粉末で無臭です。非必須アミノ酸であることから、摂取量の基準は設けられていませんが、グル...

≫続きを読む

 

アクアモイス(Aquamoix)の成分「アセチルヒアルロン酸Na」の特徴とその効...

アセチルヒアルロン酸Naの正式名は、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム。別名「スーパーヒアルロン酸」と呼ばれる、今、注目されている美容成分です。スキンケア用品の保湿成分として、従来から多くのアイテムに保湿成分として含まれていたのがヒアルロン酸ナトリウムですが、このヒアルロン酸ナトリウムの一部の「水酸基...

≫続きを読む

 

アクアモイスの成分「シラントリオールアルギニン」の特徴と効果について

アクアモイスに含まれる成分「シラントリオールアルギニン」は、アルギニンとシラントリオールの反応生成をさせた成分になります。アルギニンといえばすでに知っている方も多いと思いますが、基礎代謝を上げる目的で摂取するアミノ酸として有名です。一方、シラントリオールはシリコン化合物として保湿剤などの目的で添加さ...

≫続きを読む

 

アクアモイスに含まれる成分「フェニルアラニン」の特徴と美容効果について

アクアモイス(Aquamox)に含まれる成分「フェニルアラニン」は、タンパク質を構成するアミノ酸の一種で、人間の身体に必要な必須アミノ酸のひとつ。色は白く無臭、若干苦味のある成分です。アクアモイス(Aquamox)に含まれる成分「フェニルアラニン」には、天然に存在する化合物のL-フェニルアラニン(L...

≫続きを読む

 

アクアモイス(Aquamoix)に含まれる成分「10?ヒドロキシデカン酸」の特徴...

アクアモイスに含まれる10?ヒドロキシデカン酸は脂肪酸の1種でローヤルゼリーの成分の1つです。?有名な働きの1つに有機酸の1つとして抗酸化作用があります。?医療の面で見ても、生活習慣病の改善やがんの予防等に期待されている成分です。?また化粧品で使用される場合には、にきび予防としての効能に期待されてい...

≫続きを読む

 

アクアモイス(Aquamoix)の成分「アーチチョーク葉エキス」について

西洋料理などによく使用され、日本でも人気が出てきた野菜です。食べるだけではなく、美容、健康にとても効果的な物として人気が高まっています。紀元前の西洋では、美肌に効果的なハーブとして利用されており、ヨーグルトに混ぜて美容パックとして使用されていたようです。?そんなアーティチョークの葉から抽出したエキス...

≫続きを読む

 

aquamoix(アクアモイス)に含まれる成分「ヒスチジンHCI」についての解説

アクアモイス成分のヒスチジンHCIは、角質層にある天然の保湿因子(NMF)を構成する重要な生体系保湿成分。脱脂大豆の加水分解物から、リジンを分離するときに出来る副産物です。白色の結晶または結晶性の粉末で無臭、苦味と酸味がある成分です。ヒスチジンHCIの主要な構成要素ヒスチジンは、人間の身体、主に血液...

≫続きを読む

 

Azuamoix(アクアモイス)の成分「アスコルビルリン酸ナトリウム」の特徴と効...

Aquamoix(アクアモイス)に含まれる「アスコルビルリン酸ナトリウム」の特徴や成分として含まれる理由と効果を解説したいと思います。?美容液導入剤に多く使用されている成分で、とりわけ最近では水溶性ビタミン誘導体として肌への吸収率を高めることが出来る成分として使用されています。?水溶性ビタミン誘導体...

≫続きを読む

 

Aquamoix(アクアモイス)の成分「ヒアルロン酸Na」の特徴と効果

Aquamoix(アクアモイス)に含まれる成分「ヒアルロン酸Na」とは、ヒアルロン酸ナトリウムのことで、生態系保湿成分のひとつです。ムコ多糖類に属し、動物由来で生成されたものと、微生物を用いて植物を発酵させて生成する植物性由来のものに二別されます。動物性のヒアルロン酸Naは、主にニワトリの鶏冠から作...

≫続きを読む

 

Aquamoix(アクアモイス)の成分「ネムノキ樹皮エキス」についての考察

ネムノキ樹皮エキスは、日本を含めアジアに多く生息する「ネムの木(合歓の木)」というマメ科ネムノキ亜科の木から抽出した樹皮のエキスです。ネムノキは、夜になると眠るように葉を閉じることから名付けられた落葉高木。老化した肌の機能を回復される成分として使用されてます。コラーゲンは肌のハリや弾力を保つ重要な成...

≫続きを読む

 

Aquamoix(アクアモイス)の成分「グリセリルグルコシド」について

グリセリルグルコシドは、強力な保湿力のほか、様々な美容効果があるとして注目されている美容成分です。日本を代表する酒造会社「白鹿」によって、1996年に初めて発見された比較的新しい成分で、グリセリンとブドウ糖が結合してできています。300mlの日本酒からわずか1g程度しか作れない、とても希少な成分です...

≫続きを読む

 

Aquamoix(アクアモイス)の成分「アセチルヒアルロン酸NA」の特徴と効果

Aquamoix(アクアモイス)に含まれる成分の「アセチルヒアルロン酸ナトリウム」というとあまり聞いた事が無いかもしれませんが、スーパーヒアルロン酸というと聞いた事がある方もいるかもしれません。通常のヒアルロン酸と比較して約2倍の保水力と保湿力があるヒアルロン酸の事をスーパーヒアルロン酸といいます。...

≫続きを読む

 

アクアモイスに含まれる成分「グアニル酸2Na」の特徴とその効果について

アクアモイスに含まれる成分「グアニル酸2Na」は核酸の構成成分のヌクレオチドのひとつです。生物体内に存在する複合アミノ酸の一種であるグアニル酸と二-ナトリウム塩の化合物です。潤いだけでなく、肌や頭皮、毛髪にしっとりとした質感を与える保湿成分として、美容液、化粧水、乳液など多くのスキンケア化粧品をはじ...

≫続きを読む

 

アクアモイスの成分「アルギニン」の特徴と美容効果について

最近色々な物に使用される様になったアルギニンですが一体どのような成分なのでしょうか??大まかにはアミノ酸の1種で、医療、美容品、化粧品、サプリメントや精力剤といった幅広い分野で活躍しています。美容品としては代表的な使われ方は、パーマ液で重宝されています。?カラーとパーマを同時にかけると髪が傷むといっ...

≫続きを読む

 

アクアモイスの成分「アスパラギン酸Na」の特徴と効果の解説

アクアモイスのアスパラギン酸Naは、水に溶けにくいアミノ酸であるアスパラギン酸を、食品添加物や美容成分として使用できるように水溶性を高くする目的で、水溶性のナトリウム塩に化合したものです。白色の結晶または結晶性の粉末で、さわやかな酸味があります。アスパラギン酸は、タンパク質を構成するアミノ酸のひとつ...

≫続きを読む

 

アクアモイスの成分「イノシン酸2Na」の特徴とその効果

アクアモイスに含まれるイノシン酸2Naは、ヌクレオチド構造を持つ天然の有機化合物で、生体内に存在するアミノ酸の一種。かつお節に含まれてい旨味成分として知られています。このイノシン酸がナトリウム塩と混合したものが、イノシン酸二ナトリウム塩、別名イノシン酸2Naです。イノシン酸のナトリウム塩であるイノシ...

≫続きを読む

 

アクアモイス成分「加水分解ヒアルロン酸アルキル(c12-13)グリセル」とは?

アクアモイス成分「加水分解ヒアルロン酸アルキル(c12-13)グリセルとはどんな成分なのか?」?一般的に化粧品等に使われている事が多く、ネット上で検索をすると有名どころの化粧水や加齢対策、美肌対策用に使用されている様です。?ヒアルロン酸成分の特徴としては、水によく解けて、粘性が高くそれだけで高度の保...

≫続きを読む

 

アクアモイスの成分「トレオニン」の特徴や成分効果とは?

アクアモイスに含まれる成分「トレオニン」は必須アミノ酸の1種で人体の新陳代謝効果を促進する働きをします。?年齢とともに新陳代謝の速度は鈍くなるのですが、その部分を補うのが必須アミノ酸の1種、アクアモイスの成分「トレオニン」です。アクアモイスの成分「トレオニン」は新陳代謝効果が期待出来るので、肌を美的...

≫続きを読む

 

アクアモイスの成分「セバシン酸」の特徴とは?

アクアモイスの成分に含まれるセバシン酸とは??セバシン酸って聞いた事ありますか?有機化合物の一種で、有名なローヤルゼリーにも入っています。ローヤルゼリーはトウゴマ種子からとれるひまし油という物の中から採取出来ます。?このひまし油の中からセバシン酸が作られている様です。?セバシン酸はひまし油を分解して...

≫続きを読む

 

アクアモイスの成分「ジ酢酸ジペプチドジアミノプチロイルベンジルアミド」とは?

アクアモイス成分の「ジ酢酸ジペプチドジアミノプチロイルベンジルアミド」についてお話してみます。何やら長い成分名称ですが、詳しく調べてみるとヘビ毒から検出される成分です。?流石にメーカーもヘビ毒とは表記しづらいでしょうが、現在ペプチドの1種として多くの美容品に使用されています。それ以外にもヘビ毒ペプチ...

≫続きを読む

 

アクアモイス成分の「トコフェリルリン酸Na」について

新型ビタミンE誘導体、抗酸化成分として最近注目されるようになったアクアモイスの成分トコフェリルリン酸ナトリウム。ビタミンEは本来摂取しづらく、科学的にも不安定で酸化もしやすいといったマイナスポイントが多い成分です。油分なので肌からの摂取もなかなか難しい成分です。そこで、ある成分にリン酸基を導入する事...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ